沿革

昭和6年(1931年)
12月 小椋定吉が大阪市港区市岡元町4にて藁工品販売業「荒サ商店」を創業。
昭和17年(1942年)
8月 企業整備のため一時休業。
昭和26年(1951年)
11月 「株式会社小椋商店」を、資本金百万円をもって設立。
昭和30年(1955年)
2月 資本金2百万円に増資。
9月 浪速区南日東町19に移転。
昭和37年(1962年)
1月 資本金5百万円に増資。
5月 換地処分により、浪速区日本橋東5-8(現表示3-10-5)に移転。
昭和41年(1966年)
5月 資本金8百万円に増資。
昭和47年(1972年)
10月 資本金2千万円に増資。
昭和55年(1980年)
6月 資本金4千万円に増資。
12月 小椋康昌が代表取締役に就任、
小椋定吉が取締役会長に就任。
昭和56年(1981年)
3月 大阪都ホテルにて創業50周年式典を開催。
8月 4階建倉庫を新築。
平成3年(1991年)
9月 新阪急ホテルにて創業60周年式典を開催。
平成8年(1996年)
7月 5階建て倉庫を新築。
平成9年(1997年)
8月 事務所・倉庫を改築。
平成11年(1999年)
5月 小椋康昌が大阪包装資材協同組合第3代理事長に就任。
平成13年(2001年)
9月 新阪急ホテルにて創業70周年式典を開催。
12月 小椋隆史が代表取締役に、小椋康昌が取締役会長に就任。
平成19年(2007年)
1月 自社ネットワークシステムが本格稼働。
平成21年(2009年)
5月 小椋隆史が大阪包装資材共同組合理事に就任。
平成22年(2010年)
5月 日東電工CSシステム株式会社様との共同開発によるメール発注システムが本格稼働。

ogura_history_01.jpg
取締役会長 小椋康昌

ogura_history_02.jpg
創業者「小椋定吉」、写真前列右端

ogura_history_03.jpg

ogura_history_04.jpg
昭和43年頃の本社風景

ogura_history_05.jpg